相続の放棄というのは
相続されるべき財産を相続しない選択のことです。

相続される財産には確かに利益があるものもありますが、
中には借金等の負の財産も存在します。

そして割合としてその負の財産の方が多い場合には
相続をするということは逆に損をしてしまうということになります。

こういう時に相続の放棄をすることで
そうした負の財産を相続せずにいることができます。

この相続の放棄をするには手続きをする必要があり、
相続開始から3ヶ月以内に家庭裁判所へと必要な書類を提出します、

この書類というのは相続の放棄をする申述書、
被相続人と相続人の戸籍等を用意します。

地域の家庭裁判所によって、
もしくは自分の状況によっても必要となる
書類が変わってくることがあるので、
自分の場合はどうなのか確認をしておきましょう。

テクスチャー06

ちなみに何故3ヶ月以内かというと
3ヶ月経過してしまえば自動的に単純承認として
財産を相続してしまうからです。

そうなれば負の財産も問答無用で相続することになってしまいます。
3ヶ月は長いようで短いですので早めに手続きを行いましょう。

尚、この3ヶ月というのは
相続が開始されていることを知った日からということになるので、
もし知らなくて相続から3ヶ月が過ぎていても放棄をすることは可能です。