相続放棄とは、相続人が被相続人の権利及び義務を
一切承継しないというものです。

ここで注意を要するのは、借金等の義務だけではなく
「権利」も承継しないという点です。

テクスチャー05

つまり、プラスの財産とマイナスの財産があり、
トータルでは、受け継ぐ財産がプラスであっても相続を放棄できるので、
相続を放棄する場合には被相続人の財産を把握してから判断をすべきです。

また、マイナスの財産が多い場合で、自分が相続を放棄した時、
そのマイナスの財産はその他の相続人に承継されますので、
その点もしっかり理解をしておく必要があります。

また、相続の放棄の手続きは、
自分のために相続が開始したことを知った時から、
原則として3ヶ月以内に、
被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に
申述申立書という書面で申立する必要があります。

申立書への記載等は比較的簡単ですが、
申立書に添付する書類として、
被相続人の除籍謄本や改製原戸籍謄本等の
普段聞いたり見たりしないような書類が必要になります。

なお、自分のために相続が開始したことを知った時から
原則として3ヶ月以内にこの手続きをしなければ、
「相続を承認したことになり」、
被相続人の権利とともに借金等の義務を引き継ぐことになります。

従って、相続人という立場にある人が相続を放棄する場合には、
必ず、被相続人の最後の住所地を管轄する
家庭裁判所に前述の申立をする必要があることに注意すべきです。