相続において
その方法は単純承認、限定承認、そして相続の放棄の
3つに分けることが出来ます。

この中で一番相続として適用されるのが単純承認であり、
これは被相続人の財産を全て無条件で相続することができます。

ちなみに相続が発生してから3ヶ月以内に
限定承認も相続の放棄もしない場合には
この自動的にこの単純承認となります。

そうしたこともあるのでこの承認が一番適用されるともいえるでしょう。

ピカピカ01

しかし他の相続方法もあるということは
当然この単純承認にはリターンだけでなく
リスクが存在するからです。

この承認は全ての財産を引き継ぐ相続です。
そう全てというのはプラスだけでなく
マイナスも相続するという意味です、
なので財産を調査しておかないと、
この単純承認になった際に思わぬ負債を背負う羽目になります。

もしマイナスの方が多かった場合には
無理に相続をする必要はないので、
相続の放棄を選ぶのがいいでしょう。

もちろんマイナスの方が多いというのは
財産の調査をしないと分からないことです。

そして単純承認は3ヶ月経過すれば
自動的に適応されるということで、
そうなる前にしっかりと調査をして
判断できるようにした方がいいでしょう。

ある意味こうした時間制限があるということも
単純承認のリスクともいえます。